6月21日全国で部分日食が見られる!予定時間はいつ?

6月21日の夕方、全国で部分日食が見られるんです。

アフリカからアジアの一部の地域では金環日食が見られるそうですが、日本では部分日食となるそうです。

今回は日食についてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも日食って何?

そもそも日食とは何かご存知ですか?

日食とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

太陽の隠され方によって、下記の3種類に分類されます。

引用:国立天文台

 

部分日食とは、月によって太陽の一部が隠されることをいいます。

皆既日食とは、月と太陽が完全に重なることをいいます。

金環日食は、月のと太陽が重なっているんですが、太陽の方が大きくてまわりがはみ出して見えることをいいます。

スポンサーリンク

部分日食の予定時間は?

部分日食の予定時間は観測場所によって異なります。

東京では16時11分13秒に始まり、17時10分12秒に食の最大(36%が欠ける)となり、18時3分43秒に終わります。

札幌では札幌では17時0分56秒に食が最大(18%)、京都で17時9分58秒に最大(42%)、那覇で17時16分41秒に最大(79%)となる予定です。

ちなみに日食は太陽なので、直接見ずにサングラスなどをかけて見るようにしてくだいね!!

スポンサーリンク

次に日食がみられるのはいつ?

次に日本で日食がみられるのはいつでしょうか。

次は2023年4月20日に九州・四国地方、太平洋側の沿岸部で部分日食がみられるようです。

しっかり観測できるのは2030年6月1日に北海道で金環日食がみられます。

個人的には金環日食がちゃんとみてみたいですですねー♡

飛行機に乗らないといけない距離ですが、これを理由に旅行をするのも楽しそうですね♪(笑)

スポンサーリンク

6月21日は部分日食が見られる!時間はいつ?のまとめ

日食とは、月が太陽の前を横切ることで、月によって太陽の一部(または全部)が隠れる現象です。

今回は部分日食で、地域によりますが16時〜18時ごろに見えるようです。

沖縄など南の地域では、食の79%になります。

めったに見られないので、見れるのが楽しみですね!

私もサングラスを用意して待機してみます♪

スポンサーリンク

追記:今日は天気が悪かくて部分日食がみれませんでした

今日は見れない天気が悪くて見えない地域もありましたね。

私の住んでいる地域でも見れませんでした。

2023年の部分日食と2030年の皆既日食を楽しみにしましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA