ジョコビッチがコロナ!感染経路や症状は?

男子テニスで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチが、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことが分かりました。

有名テニスプレイヤーのジョコビッチ選手の新型コロナ陽性反応のニュースはかなり衝撃をうけました。

感染経路や症状はどうなのでしょうか。

心配ですね。

ジョコビッチ選手のコロナ感染経路や、現在の症状についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ジョコビッチが新型コロナ陽性!感染経路は?

今回は、ジョコビッチが主宰する非公認の大会である「アドリア・ツアー」でコロナ感染者が現れてしまいました。

最初に感染したのは、世界ランク19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)選手。

ディミトロフは13、14日とセルビアで、20日にはクロアチアでプレーをし、20日の試合後に体調不良を訴え、モナコへ帰国しました。

その後新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを発表し、大会は中止となりました。

しかしその後、ボルナ・チョリッチ、ヴィクトル・トロイキ、ジョコビッチが検査で陽性が判明してました。

大会では約4000人の観客がいて、マスクをしている人は少数だったそうです。

ソーシャルディスタンスも不十分だったとの情報もありますし、感染拡大しないか心配ですね。

最近少しコロナ自粛ムードが緩くなってきています。

でもまだ薬も開発途中ですし、一人ひとりがしっかり危機意識を持っておくことが必要ですね!

スポンサーリンク

ジョコビッチの症状は?

現在ジョコビッチには発熱などの症状は出ていないそうですが、これから14日間の自主隔離に入るそうです。

ジョコビッチは、「それぞれの感染について、大変申し訳なく思う。ウイルスが弱まったタイミングで大会を実施し、条件が満たされていると信じていた。残念ながらウイルスは存在していた。」と謝罪と反省の言葉をつづっていました。

奥様も感染されたとのことですから、かなり心配ですね。

スポンサーリンク

男子テニスのジョコビッチが新型コロナ陽性反応!感染経路や症状は?まとめ

ジョコビッチが主宰するテニス大会で新型コロナ感染者が出てしまい、その後自身の感染が発覚しました。

この大会で感染したのはジョコビッチが4人目だったそうです。

現在は症状は出ておらず、14日間の自主隔離に入るそうです。

他のプレイヤーや観客などに観戦していないといいですね。

まだまだ油断せずに、気をつけて過ごしていこうと思いました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA